実は心配している

週末は得意先からの注文の増加もあって、少しだけ残業がありました。自分と同僚は汚れ仕事を定時を過ぎてからも黙々とこなし、一週間の仕事を終えました。無口な同僚なのですが、いつも自分がからかって彼をおちょくって遊んでいます。というのも、彼は自分より一回り以上年下でいわゆる草食系、ゆとり世代といわれる人間で、そのおとなし過ぎな部分から仕事もおぼつかない事が多いからです。
彼は地元が同じなので恐らく小中の後輩で、地元の話題はそれなりに会話が成立します。しかしプライベートの事になるとあまり話をしたがりません。聞けば休みの日は閉じこもりがちで、趣味はスマホのゲームで課金までして遊んでいるようなのです。浮いた話も遊んでいる話も無く、傍から見れば存在感のかなり薄い奴なのです。
彼は来年で30歳になるらしいのですが、このままいってしまうと中年になってから大変な事になる気がするのです。単なる職場の同僚ではあるのですが、実は心配しているのです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

最近のブログ記事